【ADHD】ストレスがたまりやすい?ストレス耐性が弱いので発散も大切

ADHDの人は、身体的にも精神的にも疲労がたまりやすく、心理的ストレスがたまりやすいといえます。

また、脳の構造上、ADHDの人はストレス耐性が弱いといわれているため、適度にストレス発散することも大切になります。

スポンサーリンク

ストレスためやすいADHD

ADHDの人はストレスがたまりやすい傾向がある、ともいわれています。

ADHDの特性の影響もあって、暇な時間、刺激の少ない状況を退屈に感じやすく、過密なスケジュールをいれてしまい、身も心も疲れてしまう、という大人のADHDも少なくありません。

身体的な疲労がたまると、心にも余裕がなくなり、精神的ストレスもたまりやすく、イライラしやすくなったり、怒りっぽくなったりと、ADHDの特性をさらに際立たせることにもなります。

スポンサーリンク

また、ADHDの場合、脳の構造上の影響で「ストレス耐性が弱い」といわれているため、ADHDの人はストレスをためないようにすることが重要です。

怒りの感情をコントロールする

短気で怒りっぽいADHDの特性も、心理的ストレスを溜めやすい原因のひとつになります。

イライラしたり、怒っている状態では、身も心もなかなかリラックスできません。

怒りの感情をうまくコントロールできれば、ADHDの人のストレスを軽減することができるでしょう。

感情を上手くコントロールしてストレスを減らすためにも、怒りの感情の対処法「アンガーマネジメント」が大切になってきます。

適度なストレス発散も大切【ADHDとストレス】

ADHDの人にとって、ストレスをためないこと、ストレスの元となることを減らすことも大切ですが、どうしてもストレスはたまってしまうものです。

そうしたときは、適度にストレス発散することも大切です。

好きな音楽を聴いたり、お風呂にゆっくりと入ったり、スポーツで汗を流したり、自分なりのリラックス方法でストレス発散を心がけましょう。

家族や友達と旅行に行ったり、自分へのご褒美プレゼントを購入するなど、ちょっとしたぜいたくをするのもいいですね。

スポンサーリンク