ADHDの長所やプラス面は?職場や家庭で生かせる得意分野は?

発達障害のひとつADHDは、忘れやすい、落ち着きがない、怒りっぽい、暴言や暴力がひどい、など、マイナス面が目立ちやすいものです。

しかし、一見するとマイナスイメージであるADHDの行動特性も、視点を変えることで長所やプラスイメージとしてとらえることができます。

スポンサーリンク

ADHDのプラス面や長所は?

ADHDは、集中できない、思い込みが激しい、忘れっぽい、などの行動特性が短所や欠点の印象が強いですが、視点を変えることで、それらはADHDの長所やプラス面にもなります。

例えば、集中できないことは、短時間で取り組む仕事は得意といえますし、忘れっぽいのは、問題やトラブルを根に持たない、ことにもなり得ます。

おしゃべりが好きなところは、コミュニケーションのうまさにつなげることも可能ですし、落ち着きがないところは、活発で行動的という長所にもなります。

ADHDの人が持っている特性を、欠点やマイナス面と捉えるのではなう、長所yはプラス面としてとらえることで、ADHDの人が才能や能力を社会で発揮し、よりよい生き方をしていくことが望まれます。

職場で生かせるADHDのプラス面や長所

職場で生かせるADHDのプラス面や長所にはどのようなことが考えらるのでしょうか。

スポンサーリンク

ADHDの人は、独創的、豊かな想像力、行動力、決断力、興味があることへの熱中があり、クリエイティブな職業には必要不可欠な資質でもあります。

こうしたADHDの特性を生かせるような仕事と出会えることが、ADHD本人にも、会社にとっても望ましいことでしょう。

人間関係で生かせるADHDのプラス面と長所

ADHDの人は、約束を忘れたり、遅刻してくることが多かったり、人の話を聞かずに自分ばかりしゃべっていたり、という傾向があります。

このようにとらえるとADHDのマイナス面が目立つように感じてしまいますが、人間関係において生かせるADHDのプラス面や長所もちゃんとあります。

様々な話題を提供してくれたり、独創的なアイデアを提供してくれたり、アイデアが豊富で行動力があったり、など、魅力的なキャラクターの持ち主なのです。

家庭で生かせるADHDプラス面と長所

ADHDの場合、問題やトラブルが頻発し、能力を発揮しにくいのが「家庭」ともいえます。

掃除、洗濯、料理などの家事は、ADHDの人にとっては苦手なことで「家事ができない」と悩むADHDの主婦も少なくありません。

そういう点では、ADHDの人をいわゆる「家庭」や「家事」のイメージにあてはめてしまうと、ADHDのプラス面や長所を見つけることが難しくなってしまいます。

忘れっぽくて、完璧に家事をこなすことができないADHDの人ですが、一緒にいて楽しい、ホームパーティーやイベント企画が上手だったり、旅行プランをたてるのが得意だったり、という面で家庭を楽しませてくれることもあります。

とらえ方や工夫次第で、ADHDのプラス面や長所も家庭で生かすことができることでしょう。

スポンサーリンク